リンパドレナージとは?

ABOUT Lymph drainage

リンパドレナージ

医療目的のリンパドレナージは、施術者が専門的な研修を受けて習得するものです。
医療目的リンパドレナージを行えるのは、医療リンパドレナージセラピスト、リンパ浮腫セラピストなどの資格保持者のみで、医師・看護師・理学療法士・作業療法士などの国家資格保持者しか取得できません。

リンパ管には血液における心臓のようなポンプの役割をするものがないことから、ストレス、睡眠不足、疲労、寒さなどの影響を受けて流れが滞りがちです。リンパは全身に張り巡らされており、主に老廃物の排泄や免疫機能の役目があります。
体の下水道とも呼ばれています。
この下水道をきれいにお掃除できるのが『リンパドレナージ』といわれる皮膚表面を柔らかい圧力でマッサージする手技になります。

リンパ浮腫

リンパ浮腫とは、体の中を張り巡らされたリンパ管の中のリンパ液が、何らかの障害によって流れが悪くなって起こる腕や脚のむくみのことです。

乳がん、子宮がん、卵巣がん、前立腺がん、皮膚がんなどの治療において、外科手術でリンパ節を切除した場合や、放射線治療を受けた際に、リンパ液の流れが悪くなって起こる場合があります。

脚や腕にリンパ液がたまって皮膚が硬くなり白っぽくむくむのが特徴的で、一般的なむくみは水ですが、リンパ浮腫の場合はタンパク濃度の濃いむくみであり、靴や靴下がはけないほどむくむ方も少なくありません。

医療目的のリンパドレナージは、このリンパ浮腫を改善する方法のひとつとしてその効果を認められ、医療現場で取り入れられています。