続発性リンパ浮腫 弾性着衣は相棒        

弾性着衣

続発性リンパ浮腫と診断されたら基本
『複合的理学療法』でむくみを改善させていきます。
       ↳ ①スキンケア
         ②用手的リンパドレナージ
         ③圧迫療法(弾性ストッキング、弾性包帯)
         ④圧迫下での運動療法

この4つの中で圧迫療法に使用する弾性着衣は相棒
毎日なくてはならない体の一部になってきます。

ものすごく沢山のメーカーが沢山の種類を出しています。
そんな中から自分にあった相棒こと弾性着衣を先生や看護師と相談しながらみつけていくことになります。
予算だったり、素材だったり、機能性だったりいろいろメーカーによって特性があります。

普段仕事をしているときは弾性ストッキングで、休日や自宅では弾性包帯(以下バンテージ)を自分で巻いてる方もおられます。


バンテージは圧調節が可能なのでむくみの程度が変わっても適切な圧がかけれるので、バンテージが巻けるようになっておくとより効果的かと思います。

圧調整も四角の絵を伸ばしながら、簡単に巻けるよう工夫されたバンテージも販売されています。

また弾性ストッキング+バンテージで圧を調節して運動したり、その人に合わせたやり方で、その人が在宅でするときに一番負担のないやり方で圧迫療法を指導していきます。

スポンジロール

「仕事中は弾性ストッキング。自宅で毎日巻いたら良くなるんだろうけど、仕事から帰ってヘトヘトで巻く気にならない。でも次の日休みだったら頑張って巻く。巻いてくれる人がいたら良いのに。」

こんな声も。。。

リンパ浮腫のバンテージ巻きは圧のバランスが重要なので、技術を習得してない人に巻いてもらうのは大変危険です。圧のバランスを間違えると悪化する可能性もあります。

ちょっと疲れたときや、休憩したいときに是非サロンにきてバンテージ巻き・リンパドレナージ、相談、なんでも対応いたします🙂
出張も可能です。

たまには頑張らなくていい時間つくってみませんか♡

リンパ浮腫の対応は、医師の許可が必要です。
不明な点はお気軽にお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせは、留守番電話にお名前を必ずお願い致します。折り返しご連絡させていただきます。

※弾性着衣は療養費支給対象となっています。